本文へスキップ

探偵 兵庫県の日本総合探偵事務所 神戸支店は浮気調査・企業調査・盗聴器発見調査・行方調査を専門とする探偵事務所です。

TEL. 078-360-1118

兵庫県神戸市中央区相生町4丁目5番2号

浮気調査から、あらゆる探偵調査はお任せください。一人で悩まないで、ご相談ください。

探偵 兵庫県の日本総合探偵事務所 神戸支店は浮気調査・企業調査・盗聴器発見調査・行方調査・犯罪証拠収集・ストーカー調査・詐欺調査を専門とする探偵事務所です。

兵庫県神戸支店

  • 日本総合探偵事務所・兵庫県神戸支店のホームページをご覧いただきまして、有難うございます。日本総合探偵事務所では、365日・24時間、探偵相談員が電話を受け付けしております。探偵調査員・証拠調査士も24時間待機しておりますので、お客様のニューズにあわせて調査が可能です。探偵調査員は長年の実績を持った者が多く、関連企業には地方新聞や危機管理コンサルタントがあり、情報ネットワークが幅広くあります。神戸から全国調査も可能です。
  • ご注意 当社の名前を語り、メール配信にて架空請求している組織詐欺グループがいますが、当社とは一切関係ありませんのでご注意ください。ご心配な方は、最寄りの警察署か当社にご連絡ください。
  • あなたの身の回りで起こる、あらゆる調査に対応します。浮気調査・素行調査・結婚調査・行方調査・企業調査・盗聴器発見調査・結婚詐欺調査・ストーカー調査・こどもいじめ調査・犯罪証拠収集等を探偵業法内にて受けております。日本総合探偵事務所の兵庫県神戸支店は神戸市内に事務所があり、兵庫県公安委員会に探偵業務の届け出があり、兵庫県公安委員会 第63120012号の番号が発行されている業者です。秘密は厳守とさせていただいておりまして、相談の段階から秘密厳守であり、調査契約後に関しましても、関連資料等は外部には一切漏れることはありません。探偵 兵庫県神戸市                                        浮気調査、素行調査、結婚調査、企業調査、行方調査は尾行して証拠を撮るのは当たり前です。それと共にどれだけの情報が手に入るかで日にちや料金がお安くなる場合も沢山あります。日本総合探偵事務所ではなるべく即時対応できるように24時間体制で、色んな情報を日々収集しています。例えば浮気調査に備えて各方面のラブホテルやシティーホテルの場所と内容を把握している状態を更新しています。また企業の倒産情報を帝国データーバンクから毎日把握しており、事件情報も敏速に収集しております。 また当社では地域の夜間防犯パトロールをボランティアで巡回していまして、ストーカー・性的犯罪・泥棒・違法キャッチ・違法盗聴・違法盗撮にも即時対応できるようにしています。 探偵 兵庫県神戸市
  • 企業調査イメージ 結婚調査イメージ ストーカー対策イメージ 浮気調査イメージ
  • 日本総合探偵事務所の支店・営業所は東日本には東京都港区にある東京支店・神田営業所・沖縄支店・神奈川県横浜市にある横浜支店があります。西日本には大阪市中央区に本社があり、大阪駅前支店・新大阪駅前営業所があります。兵庫県には、神戸市中央区に神戸支店・明石市に明石支店があります。
  • 日本総合探偵事務所の神戸支店は、オレンジリボン(児童虐待防止)の支援企業です。子ども虐待防止「オレンジリボン運動」
  • 探偵 兵庫県神戸の調査料金 クレジットカード取扱
     調査料金イメージ  調査料金イメージ  調査料金イメージ
  • 探偵 調査エリア  神戸・淡路エリア 西播磨・但馬エリア 播磨エリア 丹波・阪神エリア
  • リンク集    リンク1  リンク2  リンク3
  • 民法における「不貞行為」兵庫県神戸支店

    第770条1. 夫婦の一方は、以下の場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。                1.配偶者に不貞な行為があったとき。                                     2.配偶者から悪意で遺棄されたとき。                                     3.配偶者の生死が3年以上明らかでないとき。                                 4.配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。                          5.その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。                               2.裁判所は、前項第1号から第4号までに掲げる事由がある場合であっても、一切の事情を考慮して婚姻の継続を相当と認めるときは、離婚の請求を棄却することができる。                              判例上の「不貞行為」                                            「不貞行為」とは、男女間の性交渉であり、性交渉を伴わない男女の密会等は「不貞行為」には該当しない。また、通常、「不貞行為」が離婚事由となるためには、一回だけではない反復した「不貞行為」が必要とされる。確実な慰謝料を求めるなら、最低でも二回以上の不貞行為の証拠が必要とされる。性交渉も同様に、性行為が推認できる証拠物があれば性行為そのものを立証する必要が無い場合もある。
  • 浮気相手に請求することができる慰謝料にも時効が存在します。
    浮気をされたということ知ったときから、3年あるいは、浮気があったことを知らなくとも、浮気があったときから20年経過した場合には消滅時効にかかるため、相手方が時効を主張してくることもあるので注意が必要です。
    時効期間内であっても、不倫関係が解消して時間が経ってしまうと、事実関係や証拠などがうやむやになり、慰謝料を請求することが難しくなってしまうケースも少なくないため、浮気の事実を知り、慰謝料を請求することを考えている配偶者は、できる限り早期に行動に移した方が良いかと思われます。また、消滅時効にかからなくとも、慰謝料は請求しないなどの示談が行われていると、慰謝料を放棄したものとして請求できません。
    浮気を知った配偶者が一時的な感情に動かされ「慰謝料なんかいらない!」といった軽はずみな言動は、後々、トラブルのもとにもなりかねないので、くれぐれも注意しましょう。
  • 探偵業の業務の適正化に関する法律
    (平成十八年六月八日法律第六十号)


    最終改正:平成二三年六月三日法律第六一号

    (目的)
    第一条  この法律は、探偵業について必要な規制を定めることにより、その業務の運営の適正を図り、もって個人の権利利益の保護に資することを目的とする。
    (定義)
    第二条  1  この法律において「探偵業務」とは、他人の依頼を受けて、特定人の所在又は行動についての情報であって当該依頼に係るものを収集することを目的として面接による聞込み、尾行、張込みその他これらに類する方法により実地の調査を行い、その調査の結果を当該依頼者に報告する業務をいう。
     この法律において「探偵業」とは、探偵業務を行う営業をいう。ただし、専ら、放送機関、新聞社、通信社その他の報道機関(報道(不特定かつ多数の者に対して客観的事実を事実として知らせることをいい、これに基づいて意見又は見解を述べることを含む。以下同じ。)を業として行う個人を含む。)の依頼を受けて、その報道の用に供する目的で行われるものを除く。
    3 この法律において「探偵業者」とは、第四条第一項の規定による届出をして探偵業を営む者をいう。

NEWS新着情報

2012年9月21日
樋口建史 警視総監と対談しました。   
2012年11月20日
樋口建史 警視総監と対談しました。
2013年2月17日  
神戸市役所前にて「児童虐待防止キャンペーン」運動をしました。
2013年11月01日
兵庫県公安委員会 不当請求防止責任者講習を受講しました。
2014年2月10日
神戸市役所前にて「児童虐待防止キャンペーン」運動をしました。

このページの先頭へ

バナースペース

日本総合探偵事務所

兵庫県神戸市中央区相生町4丁目5番2号

TEL 078-360-1118
FAX 078-360-1727

不当要求防止責任者講習済業者

   不当要求責任者講習イメージ

    兵庫県公安委員会

日本総合探偵事務所

 はてなブックマークに追加

アクセス回数
Google





iディレクトリ審査通過サイト
    


スマートフォン版